千葉の美容外科で施術を受ける前に知っておきたいこと

二重にする方法

ドクターとナース

美容外科で受けることのできる治療の中でも、悩んでいる人が多くいるのが、まぶたです。特に、女性はアイプチという手法で、自分で一重まぶたを二重まぶたにする努力を続けている人がたくさんいます。しかし、アイプチによる二重まぶたは、見た目が不自然であるため、すぐにアイプチしていることがわかってしまいます。二重まぶたにも色々あります。千葉の美容外科では、自分の理想の形の二重まぶたをデザインすることができるのですよ。
二重まぶたの手術は、目やまぶたの形状、理想の二重の形などによって、選択する施術の方法が異なります。また、理想の形状に合わせた手術方法が日々、開発されてきたため、その方法にはたくさんの種類があります。
その中でも千葉の美容外科でポピュラーなのがスーパークイック法です。この方法はメスを一切使用しないことが特長で、気軽に簡単に二重を実現することができます。髪の毛より細い糸と針で、まぶたを持ち上げる上眼瞼挙筋と瞼板を固定して、二重を作ります。とても細い糸を使うため、術後のまぶたの腫れを最小限に抑えることができるだけでなく、施術時間も15分程度でおわります。糸は、まぶたの内側で固定するため、見た目に糸が見えることはないので、自然な仕上がりを実現しています。この方法は一重の人だけでなく、左右の二重の形が違う人で、その左右差をなくしたい人にもピッタリの方法です。手術の腫れは、約1週間程度で収まるので安心してください。しかし、すべての人がこのスーパークイック法に当てはまるというわけではありません。まぶたの脂肪が極端に多い方や、よりくっきりとした二重を実現したい方には、二重切開法がおすすめです。瞼の皮膚が厚い方やまぶたの脂肪が多い方は、スーパークイック法による埋没法を実施しても、まれに一重に戻ってしまうことがあります。そういった方にもこの二重切開法は対応しています。まず、まぶたの腫れぼったさの原因となっている、余分な脂肪をメスで切開して、ゆっくりと丁寧に取り除きます。そして、切開した部分を医療用の糸で、二重になるように丁寧に縫い合わせます。やはり、メスを使用した手術方法のため、手術当日は、読書をしたり、テレビをみたりする行為を控えて、まぶたを閉じて目をゆっくりと休める必要があります。痛みや腫れが強い場合は、まぶたを濡らさないようにして、柔らかい保冷剤を活用して冷やすと、腫れが引いて、痛みが和らぎますよ。腫れと痛みは1日から2日ぐらいでおさまります。傷に当てているガーゼが黄色く滲んできたり、血が止まらない場合は、傷口が化膿していたり、出血している可能性があるので、すぐに手術を受けたクリニックに連絡して受診するようにしましょう。手術後、だいたい5日から7日後にまぶたの糸を抜きます。少しでも不安なことがあれば、すぐにクリニックに連絡するようにしてくださいね。千葉のクリニックでは、こういった手術の疑問や不安に答えるために、手術の前のカウンセリングや、術後のアフターケアで、手術方法や術後の経過についてしっかりと説明してもらえるので安心してくださいね。千葉の美容外科では、もし、この二重切開法を受けて、二重がもとに戻ってしまったり、二重のラインが薄くなってしまったりすることがあったとしても、無料で再治療を受けることができるので、心配ないですよ。

Back to Top